Home > 読売新聞販売店向け事業

読売新聞販売店向け事業

読売情報開発は1972(昭和47年)の設立以来、築き上げてきたノウハウを基に、営業活動の提案と実践、効果的な読者向けノベルティーの開発、イメージ戦略に貢献する各種宣伝物・小冊子の開発、販売店のリスクマネジメントをサポートする各種保険商品の開発と斡旋、販売店が必要とする資材の調達人気チケットの手配イベント開催のサポートなど、読売新聞販売店(読売センター:YC)への総合的なバックアップを行っています。

営業活動の提案と実践

読売新聞の新規購読促進、読者の固定化推進、YCの現況に即した各種販売戦略のプランニング、マーケティング・リサーチ、YCスタッフの教育研修など、多岐にわたりYCのバックアップを行います。

「営業活動の提案と実践」の詳細

読者向けノベルティーの開発

読売新聞を一人でも多くの方に読んでいただく。そのためのノベルティーの開発に取り組んでいます。読売のオリジナルグッズや読者に喜ばれるノベルティーなど、付加価値の高い商品をご提案しております。

「読者向けノベルティーの開発」の詳細

各種宣伝物・小冊子の開発

YCが読者にお届けするさまざまなPR刊行物の月刊発行部数は、現在1500万部にのぼります。これら刊行物の企画・制作とその受注・管理を、宣伝事業部が行っています。そのほか、各種営業ツールや季節商品の制作等の業務も行っています。

「各種宣伝物・小冊子の開発」の詳細

各種保険商品の開発と斡旋

YC専属の総合保険代理店として、所長やスタッフ全員が安心して働くための各種保険商品の開発から斡旋、事故処理、事故リスクを減らすための講習会やアドバイスまで、一貫してYCのリスク管理をサポートしています。30名程の専門スタッフが損害保険と生命保険を中心に、契約の保全から事故処理までの業務にあたっています。

「各種保険商品の開発と斡旋」の詳細

資材の調達

新聞販売を取り巻く環境が大きく変化している中、資材事業部では読売新聞東京本社管内の3000を超えるYCで働くスタッフが、配達、集金、営業など、あらゆるシーンでスムーズに、かつ安心して業務に専念できるよう、資材の面から職場環境の充実に役立つ商品の開発・販売に取り組んでおります。

「資材の調達」の詳細

人気チケットの手配

企画開発部では、各種招待券(遊園地や温浴施設などの人気施設、美術展や映画など)をはじめ、コンサートや演劇等の前売り券などを取り扱っています。

「人気チケットの手配」の詳細

イベント開催のサポート

各YCならびに読売会が読者サービスの一環として開催する映画試写会やコンサート、「ちびっ子まつり」など、各種イベントの運営・管理のサポートを行っております。

「イベント開催のサポート」の詳細

このページのTOPへ